BLOG

フロントガラスのヒビ割れを早めに対処する理由とは

トヨタ ポルテ フロントガラスリペア

フロントガラスのヒビ割れを見付けたら

まずはヒビ割れの上からビニールテープを貼ります

水や、小さなゴミがヒビも中に入ってしまうのを防ぐためです。

 

ヒビの中に水やゴミが入ってしまうと、リペアで樹脂を圧入する際にゴミが邪魔をして奥まで入っていかないのです。

それに、冬季に水が入ってしまった場合は凍った水が膨張してヒビを広げてしまう可能性が高いのです。

 ※ ビニールテープは配線用のテープがベスト。 セロハンテープは濡れるとすぐに剥がれてしまいますので NGです。

 

ヒビ割れに気付いていて放置するのが一番良くないですよ。

 

 

その後は速やかに専門店へ相談してください

今回ご依頼いただきましたのは、トヨタ ポルテ のフロントガラスリペア。

トヨタ ポルテ フロントガラスリペア

先にご予約のお電話をいただきました際に、ビニールテープの件をお願いたしました。

 

 

ヒビを見付けてすぐ、しっかりテープを貼っていただいたので、すんなりと樹脂を奥まで圧入させることができました。

 

専門店ならでは の安心サポート

フロントガラスのヒビ割れの対処方法は、今のところガラスの交換、もしくはリペアの2つしか選択肢がありません。

状態によってはリペアで対処できるケースが多々ありますので、専門店で判断してもらうのが正解だと思います。

トヨタ ポルテ フロントガラスリペア

今回のケースも、当初はガラス交換のお見積もりで来店いただいたのですが、ヒビが小さく500円硬貨で隠れるくらいのものでしたので、

まずはリペアでの対処をお勧めしました。  もちろん、リペアすることによって強度も増し、車検にも合格することができるからです。

 

交換であれば、15万円くらいの費用が必要となりますが、リペアならその1/10の出費で済みます。

当店では1年間あんしん保証もお付けいたしますので、後日、何らかの理由でヒビが広がって交換になった場合でも、今回の費用を無駄にはしないようにしています。

 

ヒビ割れたからといって、ガラス交換と諦めず、是非一度専門店へご相談くださいね。

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る
タップで電話 - お気軽にご相談ください【 09:00〜20:00 】