BLOG

飛び石で割れたフロントガラスの高額交換費用を安く抑えるには

ダイハツ キャンバス ガラスリペア

走行中の飛び石は避けようがありません

走行中に突然、フロントガラスにヒビができてしまったら・・・

 

いくら安全運転していても、飛び石は突然降りかかってきて避けようがありません。

ほんの一瞬の出来事で、何が起きたのか分からないことの方が多いくらいです。

自分が悪いわけではないのに、一瞬の出来事で高額出費になってしまうのは悲しくなっちゃいますね。

 

今回のご依頼はダイハツ キャンバス のガラスリペア。 新車で購入してまだ間もないらしく、もったいないですね。

 

キャンバス ガラスリペア

 

ヒビ割れは、フロントガラスの交換ガラスリペアの2択

飛び石でヒビ割れてしまったら・・・運が悪かったとしか言いようがありませんが、このまま放置しておいてはヒビが伸びてしまい、後々には走行させるのも危険な状態になってしまいます。

安全な状態に戻すにはフロントガラスを交換するか、もしくはガラスリペアでヒビの伸張を防ぐ方法しかありません。

 

 

フロントガラスの交換 の場合、ガラスそのものを新しいものに交換してしまうので、もちろん完全な状態に戻ります。(ナビやテレビのフィルムアンテナなども交換になります)

しかし、交換工賃を含めた金額となると10万円以上の高額になってしまい、そのうえお車を預けなければいけません。

 

フロントガラスリペア の場合は、危険なヒビ割れの伸張を防ぐことができます。 もちろん、安全に走行できる程度まで視界を確保でき、車検にも合格できるようになります。

費用も交換の1/10程度。 当日施工・当日仕上がりで施工後は通常通りご使用いただけます。 もちろん、当社では出張リペア施工もお受けいたします。

 

キャンバス ガラスリペア

リペアでも運転に支障のない仕上がりとなります

とはいえ、10万円以上もする高額な金額を突然出費するのは容易なことではありませんよね。

 

リペアでも十分、安全なドライブを楽しんでいただける仕上がりと強度をお約束いたします。

上記の写真のように、多少ヒビの筋は残りますが、リペア前と比較しても格段に強度が増していますよ。

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る
タップで電話 - お気軽にご相談ください【 09:00〜20:00 】