BLOG

フロントガラスのヒビ割れは冬の前にリペアを済ませてしまうのが経済的

冬季はフロントガラスにとって試練の季節

冬になると、なぜフロントガラスに大きな負担が強いられるのでしょうか?

暑い夏の間は、硬いガラスとはいえ太陽の光で暖められ柔軟性があありのですが、寒い冬ともなると冷やされて硬くなるうえ、フロントガラスの上に降り積もった雪の重み、凍り付いた氷をスクレーパーで掻きて落としたりします。

人間の体と同じで、冬になると身も心も縮んでしまいますよね。

 

ヒビ割れがあったら一晩でもヒビが伸びてしまう可能性 大

もし、ヒビ割れを残したまま冬を迎えてしまったら… ヒビの中に侵入した水分が凍ってしまい、ヒビが伸びてしまいます。 水が氷ると膨張する、あれです。

ヒビが伸びてしまったら… もうフロントガラスの交換しか選択肢はなくなってしまいます。

なので、見付けたらなるべく早くリペアすることが肝心です。

 

今回ご依頼いただきましたのは アウディ TT のフロントガラスリペア

アウディTT フロントガラス リペアアウディTT フロントガラス リペア

以前、ヒビ割れに気付いていたけど放っておいたら伸びてぃまった経験のあるお客様。

苦い経験があるからこそ、今回は早いうちにリペアをとのこと。正解だと思います。 ガラス交換ともなれば10万円以上の出費は確実なのですから。

 

リペア後は飛躍的に強度が高くなり車検もパス! ヒビの伸長リスクを極限まで抑えます

アウディTT フロントガラス リペアアウディTT フロントガラス リペア

約1〜2時間程度、ガラス交換に比べて1/10程度の費用で安心・安全が手に入ります。

『 ヒビが伸びて交換になってしまうかも… 』と不安なままではドライブは楽しめませんよね。

リペア後は確実に強度が強くなります。 もちろん、車検にも通せるようになりますよ。

 

関連記事

ページ上部へ戻る
タップで電話 - お気軽にご相談ください【 09:00〜20:00 】