BLOG

凹みの修理にデントリペアを選択する その理由とは

デントリペアを選択する理由とは

こんにちは。

いや~ 寒い日が続くなぁ~ と思ったら、今年初めての積雪になってしまいましたね。
aimg_0334
次の日、庭やマイカーの上にまで降り積もってしまいましたが、午後にはほとんどの雪は無くなってました。
まだスタッドレスに履き替えてなかったので、ちょっと焦っちゃいましたよ・・・。

さて、今回ご依頼いただきましたのは、トヨタ 86 のフロントフェンダーにできてしまった凹みのデントリペア
です。
aimg_8098
小さなヘコミが1つだけなのですが、まだキレイな新しいお車です。

平成27年式といいますから、まだ1年ほどのお車です。
まだ新しいお車に小さなヘコミが1つだけ。

こんな時、自分の車だったらと思うと、板金で再塗装は避けたいと思うのは当然です。

だって、ほんの小さなヘコミのためにフェンダーはもちろん、その周りのパネルにまでボカシのために塗装が入ってしまうんですよ。
そのうえ、もちろんヘコミのところにパテまで盛られてしまいます。

aimg_8105
デントリペアという修理方法を知らなかったら、きっと板金塗装をするか、諦めて我慢していたことでしょう。

パテも再塗装もなく、オリジナルの塗装をそのままに、すごく気になっているヘコミが無くなるとしたら・・・

デントリペアが選ばれる理由はまさにこれ「パテも再塗装もなく、オリジナルの塗装をそのままに修理」なんですね。
しかも数日預けることもなく、数時間でヘコミが消え去ってしまう。

もちろん、デントリペアも万能ではありません。 ヘコミの場所や状態によっては施工すらできないことだって多々あります。
その点はやはり板金屋さんには勝てません。

でも、お客様の驚きとともにホッとしたお顔を拝見するたびに、この仕事をしてて良かったなぁと思います。

関連記事

ページ上部へ戻る
タップで電話 - お気軽にご相談ください【 09:00〜20:00 】