BLOG

ごめんなさい。 さすがのデントリペアもこれが限界です・・・

さすがのデントもお手上げですよぉ。

こんにちはっ♪

山形市内もやっと桜が咲いてきましたね。
やっぱり桜の花を見ると日本に生まれて良かったなぁ~ としみじみ感じる今日この頃です。

さて、今回はなんと事故車両のデントリペアというお話しをいただきました。

実車を拝見した時、デントリペアの範疇をはるかに超えていましたので、丁重にお断りしたのですが、
板金修理の見積もりでドア交換と言われ、高額になってしまうので、デントリペアで少しでも
見栄えが良くなれば・・・ というお客様のご要望です。

さすがのデントもお手上げですよぉ。
さすがのデントもお手上げですよぉ。
一目見て、さすがに元通りにはできないなぁと思いましたよ。

だって、インパクトビーム(ドアの内側にある太いパイプ)に当たった跡がハッキリと分かるくらいなので、
パネルの鉄板が伸びてしまってるのは明らかですから。 

残念ながら、ここまで伸びてしまった鉄板はキレイに戻すことはできません。

さすがのデントもお手上げですよぉ。
さすがのデントもお手上げですよぉ。
それでもお客様のご期待に沿えるよう、必死にヘコミや歪みと対決し、結果施工できたのはここまで。

やっぱりデントリペアはすばらしい技術ですが、さすがのデントリペアにも限界がございます。
ほとんど傷がなかったのは不幸中の幸いだったのかもしれないですね。

それでもお客様は「キレイになったね」と喜んでいただけましたので、3日間の死闘の甲斐がありました♪
今回は板金のお見積もり金額の半額以下で施工させていただきましたが、やっぱりデントリペアと板金施工での
使い分けが必要ということですね。

関連記事

ページ上部へ戻る
タップで電話 - お気軽にご相談ください【 09:00〜20:00 】